• 〜科学・技術・人との出会い〜

夏学1日目 8月8日(日)の9:15~11:00のキャリア講演では、
現在の生活や仕事のことなど理工系進路の魅力について話を聴き、将来理工系で学ぶこと、働くことの意義や理工系進路の多様性について、理解を深めます。

キャリア講演をしていただく二人目の方は、文部科学省の平井祐理さんです。

 

下記は、平井さんからのコメントです。

大学の時は化学を専攻していて、その後生命科学を専攻した後に、技術経営という分野に移行して、今は政策立案に関わる調査研究を行っています。学部、修士、博士と全て専攻が違っていて、その時々で悩みながら興味があることをやってきた結果、今の仕事に就いているという感じがしています。私も悩みながらキャリアを歩んできたので、そのあたりを赤裸々にお話しすることで、皆さんがキャリアを考える際に少しでもお役に立てればいいなと思います。当日は皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

化学 → 生命科学 → 技術経営 といろいろな理工系分野を移行され、今の仕事にたどり着いた経緯が気になりますね!