• 〜科学・技術・人との出会い〜
全てのみなさまへ
NPO法人「女子中高生理工系キャリアパスプロジェクト(GSTEM-CPP)」設立のお知らせ

 

多様性をもつ社会の構築が求められるなか、男女を問わず個人がその能力や個性を十分に発揮することが望まれています。一方で、女子中高生が理工系への進学を考えても、この分野で働く女性研究者や技術者などの情報は少なく、その将来像を描くことは容易ではありません。こうした問題を少しでも解消するため、私たちは、女子中高生が幅広い科学や技術に触れ、これらに携わる人々と出会う場として、合宿研修事業「女子中高生夏の学校(夏学)」をここ14年間にわたり実施してまいりました。

そして、2018年12月、これまで公的助成金の支援を受け行われてきた夏学の事業を自主的な財源により継続し、さらにその活動の幅を広げるため、NPO法人「女子中高生理工系キャリアパスプロジェクト(GSTEM-CPP)」を設立いたしました。

進学を考える女子中高生が、理工系分野のキャリアパスに関する理解を深めることで個々の可能性を広げ、将来、社会において科学技術に貢献する人材となることを願っています。

 

本法人に関する基本情報(2019年5月24日現在)

 正式名称:
特定非営利活動法人 女子中高生理工系キャリアパスプロジェクト (略称:GSTEM-CPP)

 事業目的:
NPO法人女子中高生理工系キャリアパスプロジェクト(GSTEM-CPP)は、理工系への進学や分野選択で悩んでいる女子中高生に、研究者や技術者が幅広い分野の科学や技術の魅力を伝え、その交流を通じて、女子中高生が具体的に自らの理工系キャリアパスを描くことができるよう支援することを目的に、2018年12月に設立されました。

 事業内容:
女子中高生が将来、様々な理工系分野においてその能力を十分に発揮することで、多様な社会を担う一翼となることを願い、以下の3点を事業の柱として活動を進めています。

1. 多様な科学技術に触れる機会を提供する教育事業
—女子中高生に科学や技術の魅力を直接伝える機会を提供しますー
→2018年の活動報告はこちら(PDFファイルがダウンロードされます)

2. 理工系キャリアパスに関する情報を提供する人材育成事業
—女子中高生が、大学生から社会人へと将来にわたる自分自身の理工系キャリアパスを考え、そのイメージを明確することを支援しますー
→2018年の活動報告はこちら(PDFファイルがダウンロードされます)

3. 理工系女性人材育成に関心のある団体間の情報交流事業
—本活動をご支援くださる個人・団体の皆様の情報交流の場を提供しますー
→2018年の活動報告はこちら(PDFファイルがダウンロードされます)

 役員(2019年1月1日〜12月31日まで):
代表理事:山本 文子(日本物理学会/芝浦工業大学 教授)
副代表理事:永合 由美子(日本女性技術者フォーラム/BM Design研究所 主宰)
副代表理事:植松 崇之(日本分子生物学会/北里大学メディカルセンター 室長補佐)
理事:今井 桂子(日本応用数理学会/中央大学 教授)
理事:野呂 知加子(日本女性科学者の会/日本大学 教授)
理事:稲城 玲子(日本腎臓学会/東京大学 教授)
監事:湯浅 富久子(日本物理学会/高エネルギー加速器研究機構 教授)
監事:中田 よしみ(日本保健物理学会/中田技術士事務所 主宰)

 組織図:
NPO法人女子中高生理工系キャリアパスプロジェクトは、以下の5つの部門から構成され、それぞれの部門を担当理事が統括しています。

 事務所所在地:
〒105-0011 東京都港区芝公園二丁目6番8号 日本女子会館6階OWL(JR浜松町駅北口より8分、都営浅草線大門駅A6出口より5分)

法人ホームページ:
https://www.gstem-cpp.or.jp

問い合わせ先:
E-mail: office*gstem-cpp.or.jp (*を@に変更してください)
電話: 050-5360-1741(担当者不在の場合は折り返し連絡させて頂きます)

関連資料(ダウンロードの上ご確認ください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 本ページはNPO法に基づく情報公開制度に対応するための内容であり、今後随時NPO法人ホームページに内容を移設する予定です。なお、この作業は予告なく行うことがありますので、あらかじめご了承ください。